レイヤーを残して“全結合追加”|複製・結合の手間を解消

全結合追加のアイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

イラストを制作していると後の修正を考えて「結合レイヤーが欲しいけど現レイヤーも残しておきたい」と考えることが多いですよね。

こんな時、結合前にレイヤーを一つ一つ複製していませんか?

「全結合追加」を使えば元レイヤーを残したまま、全てまたは必要なレイヤーだけの結合レイヤーが作れます!

ということで本記事では全結合追加の方法をご紹介します。

こんな時に便利
・全体フィルター用の統合レイヤー作成
・ブレンドモードやクリッピングレイヤーがあり手動結合が面倒くさい

目次

レイヤーを残したまま結合レイヤーを作る方法

通常レイヤー結合をすると結合前のレイヤーは消えますが「全結合追加」では消えません。
元レイヤーを残しておきたいときに大変便利な機能です。

また、結合順に注意が必要なブレンドモードなどが混在している場合も悩みを解消してくれる優れものです。

全結合追加解説画像

全結合追加の操作方法

全体の統合レイヤーが欲しいとき

①イラストの構成レイヤーがすべて表示された状態でレイヤーを一つ選択

※選択レイヤーの上に結合レイヤーが追加されます。
変な位置に紛れないよう一番上のレイヤーを選ぶのがおススメ。

②+が四角く囲われたマークをタップ

③「全結合を追加」をタップ

④選択していたレイヤーの上に結合レイヤーが追加される

パーツなど部分的な統合レイヤーが欲しいとき

⑤パーツや背景単位などで結合したいときは不要なレイヤーを非表示にする

⑥用途に合わせた結合レイヤーが追加できる

非表示にするレイヤーが多い時は手動の方が早いかな。

以上が全結合追加の操作方法です。

最初にお伝えした通り、この機能は結合前に複製するという手間が省けるだけでなく、結合順も自動で判断してくれるというメリットがあります。

どういうこと?
という方は次ににブレンドモードを使用した例で解説していますので今後のためにご参照ください。^^

結合順を意識すべきレイヤーと全結合追加のメリット

ブレンドモードやクリッピングを使っているレイヤーは、結合順を間違えるとイラストに影響するため注意が必要です。

しかしそんな時もこの機能を使えば自動で結合してくれるので悩まずに済むというメリットがあります。

【例】ブレンドモードとクリッピングを使ったイラストの結合

魚群の色はベース色 AB~Fをクリッピングして構成しています。
※輪郭と目はクリッピングなしの線画

このパーツを手動で結合する場合、ブレンドモード(加算・発光)レイヤーが含まれているので注意が必要です。

手動で結合する

結論から言うと下から順に結合していけば結合前と同じイラストが再現できます。

以下アルファベットは上図のレイヤーNoです。
B→A=A1 : BをAに結合してA1(結合レイヤー)になる

❶B→A=A1、C→A1=A2、D→A2=A3…の順で結合

❷F→E=E1、E1→D=D1、D1→C=C1…の順で結合

上から順に結合するとF・Eレイヤーの加算・発光モードがリセットされ光沢がなくなっているのがわかります。

全結合追加で結合

❸全結合追加なら統合したくないレイヤーを非表示にして全結合追加をタップするだけで完成!

※輪郭と目はクリッピング外なので非表示中

今回はクリッピングレイヤー群内の結合例ですが、クリッピング群の内外を含めた結合ではただ下から結合していくだけでは失敗することもあります。

これをレイヤーの表示・非表示だけで自動で処理してくれるのが全結合追加のすごいところです。


以上、全結合追加のご紹介でした。
お読みいただきありがとうございます。


♪ポチっと応援いただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

★アイビスペイント記事一覧へ★

目次
閉じる